HOME>ホットトピックス>国産はミツバチの減少で希少価値が高くなっている

外国産の中でもニュージーランドのが良品

コムハニー

輸入品のはちみつというのは、市場に多く出回っています。特に多いのが中国産、そしてブルガリア産の商品です。他の生産国よりも商品の値段が安いということもあってよく売れています。一般的なスーパーにも多数並んでいるので、見かけたこともある人も多いでしょう。しかしながら、品質の面ではニュージーランド産のはちみつに勝るものはないと言われています。ニュージーランドにはブナの原生林が多数林立しています。その樹液をミツバチたちが集めたものを蜂蜜として販売しているので、希少性が高くて栄養分が高いと評価されています。

国産品は高いけれど品質が高い

国内におけるミツバチの数が年々減少傾向にある中で、養蜂家も蜂蜜の生産に苦労しています。また、海外からの安価な蜂蜜が多数国内に輸入されている中で、国産のはちみつは押され気味であることは否定することはできません。しかしながら、国産の蜂蜜はやはり品質が高く、濃厚な舌触りが特徴で、国産に拘って使用する消費者の間では根強い人気を誇っています。繊細な国産はちみつの味は、外国産にはないものなので、値段が高くても国産を選ぶという消費者が少なくないと言われています。

広告募集中